⇊ 新刊発売日が近い作品 ⇊
恋愛

わたし、二番目の彼女でいいから。【作品紹介】

※画像:電撃文庫公式サイトより引用

こんな人に(こんな所が)オススメ!

① ドロドロでグチャグチャ。狂ったような恋愛作品が読みたい方へ

ヒロイン達の狂気に当てられます。要注意!

② ライトノベルだけどライトじゃない。そしてえっちぃ。

ここまで攻めてる作品は初めてかも!?危ない!!、、、でも読んじゃう。

③ 絶対やばい選択肢を選んじゃう主人公。でも気持ちも分からんではない。。。

主人公おまえ、、、でも確かに難しいよな。。。そんな気持ちになります。

あらすじ

俺たちは「二番目」同士で付き合っている――危険な三角関係の行方は?

「私も桐島くんのこと、二番目に好き」

俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。
それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。
だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。そんな約束をしていた。
そのはずだったのに――

「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」

お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。
もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。

電撃文庫公式サイトより引用

キャラ紹介

桐島司郎

ちょっとひねくれちゃってる高校2年生。
勉強ができるメガネくんで、顔は普通。
人が傷つくのを放っておけなくて、自分を犠牲にしても相手を助ける優しい男の子。
逆に、相手を傷つけたくないあまりに、嘘をついたり事実を隠したりもする。
恋愛に関してはヘタレで、理由がないとなかなか自分から距離を縮められない。

早坂あかね

学内でツートップに入る人気の女の子。
優し気な顔立ちと抜群のスタイルから、告白してくる男子が後を絶たない。
普段は相手の事を優先し周りに合わせるおとなしい性格をしているが、恋愛に関しては暴走しがち。
周囲の「清楚/真面目/潔癖」といったイメージを重荷に感じていて、「いいこじゃない」行動に憧れを持っている。

橘ひかり

黒髪ロングのスレンダー美女で、早坂あかねと並ぶ学内人気ツートップの女の子。
無口であまり感情を顔に出さないため、やや近づきづらい雰囲気を纏っている。
男性に対してのガードが固く、自分には指一本触れさせない。
興味のないことは全くやる気を出さないが、好きなことには一直線。
勉強は嫌いだがピアノや文学に素養を見せる天才肌の芸術家気質。

作品の魅力

ライトノベルなんだけどライトじゃない。
そんな感想が真っ先に出てくる、ドロドロでヒヤヒヤなストーリー。

恋が人を狂わせる。なんて書き出すと安っぽい言葉になってしまうけど、少しずつ少しずつ、けど気づいたころにはもう手遅れに。ヒロインたちが恋に狂っていく様に、読んでる方も狂ってしまいそうな気分に。。。
「もうやめて!」と思うような展開もあるけど、怖いもの見たさで読んじゃう。そんな危ない作品。

「コメディだと勘違いして軽い気持ちで読むとやけどするぜ?」とお伝えさせていただきます。

読了巻 感想 ※ネタバレあり


落ち着いた、、、?かと思いきや再爆発!!って感じの回でした(笑)
前巻では、アブない所がありつつも主人公・桐島の心の楔が1つ解決されて、いい感じの恋愛になってきたか?と思いきや。
宮前のあやうさ、早坂のいたずら、橘の脆さ、遠野の嫉妬。
1つ1つ解決しようと桐島も頑張る。でもやっぱり間違えてる。
毎度まいど、「この後、どうなっちゃうの!?」と思わせられる終わり方。
この記事をTwiierでシェアする
Twitterをフォロー
らのブログ